競馬レース G1 NHKマイル

競馬レース

レース概要

■レース概要
NHKマイルカップ
3歳オープン
東京 芝1600 左回り

【2022年】2022/05/08(日)

■選択馬
◎ 4 セリフォス
◎11 インダストリア → 消し
◎ 1 マテンロウオリオン
○18 ダノンスコーピオン → ▲に格下げ
○13 ジャングロ
○ 8 アルーリングウェイ → 消し
○ 5 キングエルメス
▲ 2 ソネットフレーズ → 消し
▲16 プルパレイ
▲ 7 タイセイディバイン
▲18 ダノンスコーピオン ← 追加
△ 6 トウシンマカオ ← 追加

■買い目
三連複フォーメーション
◎-◎○-○▲△ 24点

■コメント
G1レースなので、いつもの予想方法で行きます。去年の下調べによると、1600~2000mの重賞(G1~G3)で2〜5着に入っている馬が馬券にからんでいるというデータがあります。また、なぜか前走で1着になった馬はいないという。今回もそれで行こうとも思いましたが、1着と2着が紙一重だったりして、1着だから切るというのは乱暴な気がしたので、バッサリ切るのではなく、割り引き程度にしておきました。

展開としては、土曜日の東京競馬場のレース動画を見ると、内側の芝はそんなに荒れておらず、みんな内を通っています。また、先行馬がそのまま残る傾向があるようです。今回は逃げ馬が何頭かいるので、ペースがそれなりに早くなり、強い逃げは残り、それなりの逃げ馬は失速し、脚をためた先行馬が直線で前に出て、さらに東京の長い直線で後ろから差し馬も来て届くという感じでしょうか。

◎4セリフォスは、新馬戦のあと、G3→G2→G1と出走し、1着→1着→2着。人気の通りの実力がありそう。枠もいいので先行か。残し。◎11インダストリアは、力はあるものの、レーン騎手の過剰人気な気がします。真っ直ぐ走れないクセがあり、テン乗りのレーン騎手が苦戦しそうな気がするので、大胆に消し。◎1マテンロウオリオンと○13ジャングロは、G2NZTの1着2着。マテンロウオリオンは先行も差しもイケる。内枠有利と見て、残し。ジャングロは逃げタイプで、1200m戦も2勝している短距離タイプながら、1600m戦のNZTでも勝っていて、距離も安心。逃げ残りもありそう。本命にしてもいいくらいですが、今回は外目の枠で、相手も強くなっているので、人気のとおり○のまま。

○18ダノンスコーピオンは、前走アーリントンで差し切り勝ち。今回差してくるならこの馬かな、というところ。川田騎手の安心感もあり。ただ、今回は大外18番というのと、前走1着というジンクスもあり、▲に格下げ。同じアーリントン組には、○5キングエルメスと▲7タイセイディバインがいます。この2頭のほうが内目の枠で、いい位置で競馬ができそう。キングエルメスは、ロードカナロア産駒、新馬戦から坂井瑠星騎手が乗っており、東京1400も軽やかに勝利。なんか匂うので残します。タイセイディバインは最初は消しでしたが、松若風馬騎手のお手馬で、なんか匂うので残しました。

○8アルーリングウェイは、地味そうに見えるものの、昨年のNHKマイル2着のソングラインが桜花賞組だったことと、藤岡佑介騎手の継続騎乗が気になる馬。ただ、実力以上に人気しているあやしい馬なので、今回はあえて消し。▲2ソネットフレーズは、6ヶ月の間隔があり、足元に不安あり。レース経験も少なく、無理やり出走してきた感じなので消し。▲16プルパレイは、短距離型で先行馬。デムのお手馬で、なにかやりそう。前走は1400ながら、直線の二段階加速がすごかったので、残し。

10番人気以下からは、△6トウシンマカオ。戦歴はボチボチながら、東京巧者の戸崎騎手が不気味。インダストリアよりこちらを選んだのか、レーン騎手に取られたのかはわかりませんが、一泡吹かせようとなにかしてきそうな予感。

一頭増やしたおかげで、予算オーバーですが、インダストリアを思い切って切ったので、当たればトリガミにはならないかと思います。


■結果
1着 ▲18 ダノンスコーピオン 4番人気
2着 ◎ 1 マテンロウオリオン 3番人気
3着 −10 カワキタレブリー 18番人気
2400円→0円

なにはなくとも、18番人気のカワキタレブリーが3着に入ったという大波乱。3着なので、単勝枠連馬連馬単は穏やか。複勝、ワイド、三連複、三連単は賑やか。三連複は41万円、三連単は153万円。

◎-○-×の発生率は5%です。今の予想方法においては買い目に入れることは難しいところでした。またハマるレースが来るのを楽しみに、頑張ります。

【2021年】2021/05/09(日)


【2020年】2020/05/10(日)


【2019年】2019/05/05(日)




タイトルとURLをコピーしました