競馬場 阪神 芝3200

競馬場

向正面からスタートして、1周目は外回り。

最初のカーブまで長いものの、上位クラスのレースとなれば、外枠の馬が前に出るのはかなり厳しい(出られてもダメージが大きい)。

カーブを回り、正面の直線を通過。ここではみんな仕掛けない。

そのあとカーブを回り、また向正面へ。このあたりからマクリの馬が忙しくなってくる。

2周目は内回り。すぐにカーブが来る。カーブは曲がりがきついため、順位争いは起きにくく、この時点で前の位置にいなければ厳しい。

直線に出たらすでにヘトヘトで、坂もあるために、パワースタミナが問われる。

全体的に逃げ、先行が有利で、脚質を活かせる枠がほしい。

タイトルとURLをコピーしました