競馬 1-3着の人気組み合わせ ハンデ戦

競馬コラム
この記事は約1分で読めます。

夏のハンデ戦は、ちょっと競馬ファンの投票が減りがちな夏競馬で、波乱を演出しようという、JRAのたくらみです(笑


三連複フォーメーションの基本的な考え方は同じですが、ハンデ戦の場合に数字がどのくらい違うかを見てみます。

重賞10年間
重賞ハンデ戦10年間

まず、1-3番人気が3頭すべて入るのは、3%と少なめ。全体だと6%なので、半分ですね。なので、3頭全部は入れないように注意します。

その代わりに、◎-◎-×や、◎-○-×といった、11番人気以下がからむのが、全体で13%、ハンデ戦は16%。

そのため、三連複フォーメーションは、◎-◎○-○▲×で行くかたちになります。◎2頭、○2頭、▲×をあわせて3頭のパターンです。

今週、早速試すチャンスではあるのですが、いまは購入を抑えている時期なので、2レースある週で19点ずつだとけっこう厳しいところ。週1レースのときに試してみます。

タイトルとURLをコピーしました